公的書類についてわからないことは行政書士に聞いてみましょう

早めに相談しよう

書類を持つ女性

強い勧誘を断り切れずに商品の購入契約をしてしまったり、契約時には知りえなかった不利益に後から気付いた場合など、それらの契約を解約できるクーリングオフという制度があります。
悪徳業者に対する消費者救済制度ですので、クーリングオフが利用できるか否かには条件がありますが、条件を満たせば、契約後一定期間内にそれを取り消すことができます。
クーリングオフという名称は知っていても、具体的な対応についてはあまり知られていません。
実際に疑わしいケースに出くわした場合は、消費者センターなどに相談する方が多いことでしょう。
こうした問題を扱う専門家のひとつに、行政書士がいます。
もちろん、個人でも相談することができますので、気軽に足を運んでみるとよいでしょう。

クーリングオフの対応を専門家である行政書士に依頼する大きなメリットは、悪徳業者に屈しない知識を持っているという点です。
契約解除には、様々な書類の準備が必要です。
そもそも、何の知識もない方が書類を作成するのは大変面倒でもあります。
行政書士に依頼すると、解約のための書類を作成し、業者に発信してくれます。
クーリングオフの効果は絶対ではあるものの、近年ではそれを妨害するような悪徳業者が多いことから、妨害に対する定めが法律上でもなされています。
解約トラブルを未然に防ぎ、確実に解約に結び付ける対応は、やはり専門家でなければ難しいものです。
法改正をしても、それをすりぬけるように更に悪事を働く人が必ずいます。
悪徳業者の手法は年々複雑化していますので、専門家の手助けは今後も不可欠といえるでしょう。