公的書類についてわからないことは行政書士に聞いてみましょう

費用について聞く

電話で話す男性

行政書士は、「頼れる町の法律家」と言われており、行政手続きの専門家です。
行政書士の仕事は、簡単に言えば書類の作成、申請・手続の代理です。
従来、行政書士の仕事は、顧客から依頼を受けて、書類を作成するといった「代書的業務」が中心でした。
しかし、現在では、役所等に申請する書類を提出する手続の代理をすること、契約その他に関する書類を代理人として作成すること認められ、代理権が与えられました。
主な仕事としては、省庁、都道府県庁、市役所などの役所に提出する申請書についての相談や作成、作成後の申請手続きの代理、また、契約書や遺言書等の作成等が挙げられます。
このように単なる許認可等の申請手続きだけではなく、社会情勢に合わせ、業務が多岐に渡っています。

もともと行政書士の仕事は行政書士のみが行うものとされていましたが、依頼者の多様で、複雑なニーズに応えるために、現在では、事務所の法人化が認められています。
通常、扱える書類が1万を超えるので、専門分野を2~3分野にしぼって仕事をしますが、このように専門分野をつくることで、事務所の個性になっています。
また、法人化が認められた今、さまざまな分野のエキスパートが集まって業務を行っている事務所が多くあります。
このような、人々の生活に密着した複数の行政書士が集まる事務所に相談すれば、さまざまなことをまとめて行うワンストップサービスを受けることができ、依頼者の多様で、複雑なニーズに応えてもらえるに違いありません。