公的書類についてわからないことは行政書士に聞いてみましょう

相談内容を明確に

名刺交換する男女

行政書士は街の身近な法律家として活動しています。
法務のスペシャリストなのですから法律に関わる専門サービスについては行政書士に相談してください。
あなたの街にも必ず行政書士はいるはずです。
法律に関する相談事項を持ちよれば適切な答えを導きだしてくれます。
たとえば、あなたが建設業を営みたいと考えている時には決められた書類を役所に提出する必要があります。
その書類はもちろん自分でそろえても良いのですが、専門事項を記入する必要があり手間と時間がかかってしまいます。
せっかく建設業を行いたいと考えていても書類の提出に手間取っていてはなかなか本来的な仕事をすることができないのです。
行政書士はそのような業務を代行してくれるスペシャリストです。

行政書士の事務所はたくさんあります。そのため、各事務所間での競争が激しくなってきています。
そのような事情を把握していれば、少しの工夫で依頼金額が安くなるのです。では、具体的にはどのような工夫をすれば良いのでしょうか。
それは複数の事務所に見積りを依頼することです。最低二つの事務所から見積りをもらうようにしてください。
その時に気をつけたいことは、事務所へは直接訪問しないということです。事務所に直接訪問してしまうとそのあとの見積りが面倒になってしまうことがあります。
そのようなことを避けるために、最初は電話で見積りを依頼してください。それを複数の事務所に対して行うのです。
二社目には一社目の金額を必ず伝えてください。そうすればほとんどのケースで金額を安く抑えることができます。