公的書類についてわからないことは行政書士に聞いてみましょう

事務所を探そう

見上げるビジネスマン

行政書士は、弁護士や司法書士といった法律のプロで、法律を取り扱う国家資格を持っています。
弁護士や医師などのように、資格を持っていなければその業務に携わることができない、業務独占資格の保有者です。
行政書士の仕事としては、法律文書の作成や、契約書類の代行、様々な行政手続きなどを請負うことです。
さらには、法務コンサルタントとして、法律に基づいてクライアントの相談にのる業務もあります。
ただ行政書士事務所によって、得意とする案件、サービスの専門は様々です。
会社や法人設立の手続きをするサービスと専門としている事務所もあれば、遺言や相続の案件を専門としている事務所、医薬品の申請を専門にしている事務所など、様々です。

しかし行政書士も数多くの事務所がありますので、それらと競争して生き残っていくためには、専門とするサービス領域を確率し、知名度や認知度をあげていくことが必要不可欠です。
さらに、他のライバル行政書士があまり参入していない分野で、大きく活躍することも1つです。
また、法律に関するコンサルタント業務を担う事務所では、コミュニケーション能力も高く、クライアントに寄り添って相談に応じることができるような資格保有者を雇うことも多いです。
特に、女性のクライアントの場合、女性ならではの事例もありますので、同性である女性に依頼したり、様々な年代の女性の気持ちを理解してくれる、少々年配の男性に依頼することも少なくないそうです。